「WebAR」で製品を試し置き

Eコマースの為の
3D管理・編集サービス

無料ではじめる お問い合わせはこちら

背景の雑貨画像

スマホ画像

ABOUT

palan3Dでできること

スマホ画像
3Dを簡単に試すことができる

ユーザーが製品の大きさや質感を簡単にweb上で試すことが可能です。 ARによる試し置きをユーザーが体験しやすいような文言やアニメーションで 案内することができます。 また、簡単に3Dに作成・管理することができるので、 サイト内で利用したい3Dモデルの置き場としてもご利用いただけます。

3Dモデルを簡単に確認

3Dモデルを用意しても専用のソフトを使用しないと確認できない、 共有できないという悩みを解消します。 ブラウザ上で手軽にモデルを確認できます!

3Dモデルイメージ画像
ボタン画像
ユーザーが圧倒的に体験しやすい画面

3Dモデルをリアルに表示し、ボタンひとつでARモードに切り替えもできます。 そのようなわかりやすい体験画面を提供することで、 ユーザーが3Dを体験してくれないという問題を解消します。

ブラウザでの3Dモデル修正機能
ブーツ3Dモデル修正画像

ブラウザ上で直接3Dモデルを修正※できる機能を用意。修正したものはリアルタイムでサーバーに反映され、 ユーザーが確認することができます。

※ 3Dモデルのサイズ、マテリアルの色、ライトの調整機能を予定しています。
3Dモデルに変換できる
3Dモデルイメージ画像

3Dモデル(USDZ※1)への変換プログラムが組めるようになりました。GLTF※2やOBJ※2などがあればUSDZ化しリアル3D化が可能になり、AR Quick Lookでも3Dモデルが見れるようになります。

※1 USDZは3Dオブジェクトを表示するためのファイル形式のことです。 こちら有料アカウントのみのサービスとなります。
※2 様々な3Dツールからの入出力、形状データの受け渡しができる ファイル形式のことです。

CASE STUDY

事例

スマホでQRコードを読み込んでWebARを体験してみましょう!

QRコード

3Dモデル上でドラッグすると回転、マウスホイールで拡大縮小できます 3Dモデル上でドラッグすると回転、ピンチイン・アウトで拡大縮小できます

事例を見る

OPERATING ENVIRONMENT

動作環境

  • スマートフォン

    • iOS端末:Safari
    • Android:Google Chrome
  • パソコン

    • Mac:Safari, Google Chrome
    • Windows10:Google Chrome
(※全ての端末やバージョンに対応されているものではありません。
またOSのアップデートにより、体験できる端末が変動する場合があります。)

FAQ

よくある質問

Q. プレビュー画面で3Dモデルが表示されません
glTF / glbファイルをアップロードしているかご確認ください glTF / glb形式の3Dモデルファイルをアップロードしていない場合は、プレビュー画面での3Dモデル表示ができません...

NEWS

お知らせ

2021.3.19
サービス
palan3Dを公開しました

CONTACT

お問い合わせ

palan3Dを活用するためにも、分からないことがありましたらお気軽にご質問ください。
お電話でも承っています。

お電話の方はこちら

03-6555-4841

受付時間(平日10:00 - 19:00)

メールの方はこちら

お問い合わせ

今日からはじめよう!

さっそくpalan3Dを体験してみましょう。

無料ではじめる

パソコン画像